時給5万円の営業コミュニケーション(読了めやす5分)

15年前の苦くて甘い思い出 それは僕が新社会人になった15年前ーーー 当時は業界でも有名な営業の強い会社に入社しました。 その中でも特に一番厳しいと言われた支店に配属され、 (実は自宅から通えるように狙っていたのですが。あとで後悔) ビシバシとしごいて頂きました。 当時から全てエグゼクティブ営業。 零細中小企業から大企業まで色々な経験をさせていただきましたが、 一番インパクトがあったのがH社長。 ある業界の最大手の会社を率い、 毎年売上を数倍増させている敏腕社長でした。 まだ入社して6ヶ月位だったと思います。 その社長に言われたのが 「お前に経営の何がわかる?」 「わしの時給知ってるか?最低でも5万やぞ」 「それ以上の話してくれるんやろうなぁぁ!」 繰り返しますが、当時社会人になってまだ6ヶ月位です。 (今でも思い出すと嫌な汗が・・・) そして相手は強面の社長。 正直言うとヤバイ業界の人に見えました。 後から見せていただいたのですが、 背広の裏には龍と虎の刺繍が入っているという。。。 (でもとても実際はとてもとても優しい方でした) 正直最初にお会いした段階でビビりまくり、 とにかくその当時覚えていた事、知っていたことを 思い出す限り喋りました。 今から考えると何一つ相手にとって役立つ話が できていたとは思えません。 まさに「伝えようとムキになればなるほど、逆効果」状態。 そこで言われたのが上の言葉でした。  

伝わらない言葉と伝わる言葉

多分、聞きかじった「経営」とか「マネジメント」 とか話していたのかもしれません。 あまりの恐怖と、これはダメだというショックから お詫びして帰ろうと思いました。 というのも実は当時営業数値のコミットを役員陣にまでしており 数字がいかなければ、辞職。 そしてその数値はまだ全然見えていないという状態だったんです。 そんな自分勝手な都合で話していたことに気が付き、 心からお詫びしようと思いました。 今思うと営業としても社会人としても情けない限りでしたが、 素直な気持ちを伝えられたので、スッキリはして 頭を下げて帰ろうとしました。 その話を黙って聞きいた上で、 先方の社長はジックリとこちらの目を見て ひとこと、こう言いました。 H社長「あと何件足りんのや」 僕「???」「えっと、あと◯◯件です」 H社長「わかった。じゃあ、あと1件のところまで来たら、最後の一件はわしが契約する。わかったな」 僕「え、え、それって」 H社長「話は以上や。さっさと営業行って来い」 僕はそのまま会社を追い出されました。 帰り道、気持ちの整理がつかない 何が何だか分からない状態で、とぼとぼ帰りました。 自分としては、H社長が決して安くはない額の契約を 僕としてくれる理由が全く見えません。 実際それほど必要ともしていなかったと思います。 そもそも先輩社員の方が別の案件で契約を取れず、 「怖い社長だしすごく頭が切れるから、たぶん無理だと思うけど…」 と紹介して下さった先で成約する可能性は無かったはず。 数年してから聞いてみました。 なぜあの時あんな言葉をかけてくださったのかと。 するとH社長はこう答えました。 「あほか、お前わしの目から目を逸らさんかったやろ。ウソは言ってないのは伝わるわい。それだけや」 それ以上、仰っていただけなかったので、真意はわからないのですが、 兎にも角にもその面談以降、何か希望が湧いたというか、 力が湧いたというか、契約件数を増やすことができました。 (本当は契約目標をオーバーして、 もうH社長の契約は目標として必要ない状態で訪問したかったのですが、 そうはできないのが僕の情けないところですが) あと1件のところでもう一度お伺いした時の 口で「あほ、ぼけ」(大阪なので)と言いながら笑っておられた H社長の顔が今でも思い出されます。  

想いと行動がつながる時

今更ではありますが、TCSコーチとしてコーチングを体系的に学んだ今 改めて振り返ってみるとこれは非常に理にかなっていたのかもしれません。 人は”『想い』が『行動』にすぐつながっている状態”が 一番パフォーマンスが上がるといわれています。 僕の場合でいえば、 『自分の素直な気持ち・正直な想い』   ↓ 『自分の言葉で伝える』 というこの中に、何も不純物は混じっていなかったのだろうと思います。 だから伝わったと。 だからこそ、経験も知識もない僕の言葉が少なからず届いたということがあるのだと今にして、今更ですがそう思えてきます。 コミュニケーションがうまくできないという悩みをお持ちの方には 『想い』と『行動』がつながっていない(またはそう見える) という課題が僕と同じように潜んでいるのかもしれません。 僕はこういった自分の経験から(その後も沢山失敗してます汗) 『想い』と『行動』が繋げていけるようなコーチングを提供していきたいと思います。 ちなみにH社長には その後もとても目をかけて頂き、今でもたまに連絡すると 親しげに話しかけてくださいます。 今思えば、その面談以降
  • 必要以上に大きく見せない
  • 本音で喋る
  • 自分なりに真剣に
が自分の基本スタンスとなりました。 今度、お礼とともに自分の営業は時給5万円の価値があったのか聞いてみたいと思います。 =====================> TCS(トラストコーチングスクール)開講日 =====================> ■5月10日(火曜日)10:00〜13:00(大阪駅周辺) ■5月20日(土曜日)10:00〜13:00(大阪駅周辺) ■5月27日(土曜日)10:00〜13:00(大阪駅周辺) トラストコーチングについては↓ http://trustcoachingschool.com/lp/ =====================> ※skypeやLINEなど遠隔での受講も可能。 ※その他、個別でのスケジュール調整も致します。直接ご連絡ください。 ※テキスト発送の関係で1週間前のお振込&お申込をお願いしております。]]>

この記事を書いた人

山本 浩平