マンガで広告や採用にマーケティング

マンガをマーケティングの広告や採用に活用しようという動きが増えてきています。弊社では、中小企業向けにマンガを採用の支援に活用したり、商品を販売する広告に利用したいという中業企業に向けて、マンガコンテンツを提供しています。

なぜマンガを中小企業のマーケティングの広告や採用に活用することが増えてきているのでしょうか。それは、中小企業の中心的な活動であるマーケティングや広告や採用にマンガを活用することが中小企業にとって非常に効果的だからです。

実際にFacebookなどのSNSを見ると、企業の規模に関わらず、毎日マンガの広告が表示されます。また中小企業の採用でも、採用パンフレットや採用チラシでマンガが活用されることも増えてきています。当然、中小企業が自社独自のマンガで採用広告や採用のチラシを作成することは費用がかかることです。しかしながらそれ以上の効果が期待できるからこそ、中小企業でもマンガをマーケティングの広告や採用に活用することが増えてきているのです。

中小企業のマンガ利用シーン(広告・採用・他)

では具体的に中小企業にとってマンガはどのような利用シーンがあるのでしょうか。

例えば、マンガを中小企業が広告やマーケティングとして活用する場合は

  • 自社の商品をマンガ広告を使って宣伝する
  • 営業のパンフレットにマンガを活用する
  • 名刺にマンガを記載して広告効果を期待する
  • 新聞やチラシに広告にマンガを活用する
  • SNSの広告にマンガを活用する

などが考えられます。

また、広告以外にも中小企業がマンガを採用に活用する場合は

  • 中小企業の採用広告にマンガを活用する
  • 中小企業の採用時に会社の強みをマンガで表現する
  • 中小企業の採用で先輩社員の声をマンガで表現する
  • 中小企業の社員だけが知っている雰囲気をマンガで伝える
  • 中小企業のビジョンをマンガで伝える

などが考えられます。

他にも広告や採用だけでなく、社員教育に活用しているケースも見受けられます。

例えば、

  • 社内のマニュアルをマンガで表現する
  • 全体に共有したい成功事例をマンガで共有する
  • 会社の理念やビジョンなど伝えにくい内容をマンガで伝える
  • 外国人向けの資料をマンガで表現する

など、マンガは広告や採用だけにとどまらず、情報を伝達するという手段の様々なケースで活用が始まっています。

マンガが広告や採用活動に選ばれる理由

そこで広告や採用にマンガが選ばれる理由をまとめると以下のようなものが挙げられます。

1)わかりやすい上に情報量が多くもりこめる

マンガは文字と絵を同じ画面上に表現できます。さらにグラフなどの情報を盛り込んでも不自然になりません。そのため、中小企業が広告活動を行う場合や採用活動を行う場合に伝えたい内容をわかりやすく伝えることができます。さらに少ない紙面でも情報を多く盛り込めることも広告や採用に活用しやすいツールである理由です。

2)インパクトが強く伝えにくいことを表現できる

マンガが広告や採用に活用され始めているとはいえ、まだまだ一部で活用されているにすぎません。特に中小企業においては、広告も採用においてもまだまだメジャーではありません。だからこそマンガを広告や採用に活用すると、それだけでインパクトを与えることができます。また、マンガはストーリーを伝えることができるため、文章や画像では伝えにくいことも簡単に伝えることができます。

3)見る側の世代や価値観や文化を問わずに伝わる

マンガは絵で表現できます。そのため、見る側の世代や価値観や文化を問わないという特徴があります。例えば、広告を見る側の年代や性別などを飛び越えて伝えることができます。また、採用でも同様です。人口が減少している日本では中小企業でも若手やシニア、外国人なども採用の対象人材になり得ます。そういった対象別に効果的な採用広告を作成することはコスト増になってしまいますが、マンガであれば、それらの垣根を飛び越えて伝えることができます。

こういった特徴はマンガの広告や採用媒体を見たことがある人であれば、感覚的に納得いくかと思います。また、マンガの効果として、「理解度合いが高い」「知識の定着が長く続く」といったことも各種論文などでも結果が出始めてます。ぜひ皆さんの会社でもマンガを広告や採用に活用してみることを検討することをお勧めします。

中小企業がマンガを広告や採用に活用するときに、注意すべき点

せっかくマンガを制作しても、企業の課題が解決しなければあまり意味がありません。

マンガを広告や採用に活用するときにはいくつか注意点があります。

1)広告や採用で何が課題か明確にする

マンガは情報を伝達する手段であり、中小企業の販促(広告)や採用の課題を解決するツールです。そのため、まず自社の課題が何であるのかを明確にすることが重要です。そこを検討せずに、マンガが流行っているからという理由で導入すると失敗してしまいます。まずは自社の広告や採用などの企業活動で、何が課題であるのかを明確にすることが必要です。

2)課題を解決するために何を伝えるかを明確にする

課題が明確になったら、それを解決するためには何を伝えなければいけないかを明確にします。広告で商品購入のコンバージョン率が悪いのであれば、購入の意思決定に何を伝える必要があるのかを明確にします。採用活動で大手に人材を捉えてしまうのであれば、大手とは違った魅力がどこにあるのかを考える必要があります。ここが不明確な状態で実際のマンガ制作に入ると、クリエイターに意図を伝えるだけで時間がかかり、ビジネスのチャンスを逃してしまいます。

3)それをどのように伝えるかを明確にする

伝える内容が決まったら、それをどう伝えるかを決める必要があります。ストーリー仕立てなのか、通販のように解説を行うようなイメージなのか。このポイントはクリエイターのスキルや経験が影響します。内容は伝わっていても、クリエイターによってうまく表現できないケースもありえます。その場合クリエイターを替える必要も出てくるため、やはり内容に最適なクリエイターを選別できるようにしておくことも必要になります。

4)最終的な伝達手段(媒体)を決める

最後は出来上がるマンガコンテンツをどのように見る側に伝えるかを考える必要があります。WEB広告がいいのか、採用のためのパンフレットがいいのか、ポスターがいいのか、SNSがいいのか。媒体によってもマンガの形式も変化します。目的が広告であれば、コンバージョン、購買に繋げることですし、採用であればエントリーや説明会申し込みに繋げることです。そのため、媒体からコンバージョンへの導線も設計が必要になってきます。

こんなお悩みがあるならマンガ活用がオススメです

このようにマンガを広告や採用に活用することは非常に効果的です。特に下記のような悩み・課題を持っている企業には最適なツールの一つであると言えます。

  • 自社のサービスや商品の魅力がいまいち伝わっていないと感じる
  • 顧客の感想や満足を効果的に伝えたい
  • 採用において自社の魅力を効果的に伝えたい
  • 採用やマーケティングの広告閲覧率をあげたい
  • 自社の理念やビジョンを社員や採用人材に伝えたい
  • 他社に先駆けて効果的な広告や採用を行いたい

課題明確化〜クリエイター選定〜マンガ制作をワンストップでご提供

エンギットでは、マンガだけなく、採用動画、採用サイト、SNS活用など様々なソリューションを提供し、中小企業の採用・マーケティングに特化して支援してきたからこそできるサービスを提供します。

中小企業の課題の明確化から内容の設計、クリエイターの選定・調整にマンガ制作までワンストップでご提供いたします。マーケティングを成功させたい、人材採用で効果を出したい、様々な企業課題に合わせて、伴走させていただきます。

もし、なかなか表現しにくい・見えにくい自社の価値や魅力、商品の良さを伝えたい企業担当者様はぜひ一度ご相談ください。

詳細は弊社主催のセミナーにお越しください