ダイレクトリクルーティングのツボ 地方都市の採用支援ならエンギット

成長の波に乗れる企業の共通項

成長の波に乗れる企業の共通項

最近、企業ブランディングのお仕事をしているとよく感じるのですが、会社や業態によって社員のロイヤリティの質が大きく変わります。
会社を大きくしていきたい、成長させたいと考える社員が多い会社と収入を得るための仕事、自分が能力を身につけるための職場と考える社員が多い職場。
どちらも共通するものがある気がします。
この違いは何にあるのでしょうか。
 

******

先日も飲食系の企業経営者さんとお話をしていたときに、10年来の経営幹部が独立したいと言い出したそうです。
組織としては代表の次にいるような人物。
確かに独立志向ではあったものの、ここしばらくはそういった話はでていなかったので、安心していたそうで、大変困っておられました。
一方で、幹部から末端まで、個々人の生活による違いはあるものの、ほぼ全員が、その会社を大きくしていく、その会社の中で成長していくことにプライドとモチベーションをもっている会社もありました。
どちらも好業績の会社なので、その事自体でみれば優劣はないのでしょうが、経営者の立場から言えば、
「いつ社員が独立したいと言い出すかわからない」
「自分が引退を考えたときに任せられる人材がいない」
「このままでは5年後も自分が陣頭に立って率い続けなければいけない」
といった不安を感じてしまうそうです。
何が大きな違いかと考えてみたのですが、ひとつはどういった経緯で入社したのか、どういった社員を求めていたのかという入社時点から違いが発生しているように思います。
外食事業などは、独立志向がある人間が多いことは当然なのです。
それを当たり前とせず、ビジョンを示して、会社を大きくしていくことに一緒に力を注いでくれる人材に集まって欲しいと企業の意思を示している会社があります。
一方でとにかく意欲のある人材を採用したいと独立希望者募集といった形で採用メッセージを出す会社もあります。
独立してもいいよと募集するのだから、いずれ自分は離れていく、勉強するために来ていると人材が来るのは当たり前です。
とにかく人が足りないという悩みや入社した人材があまり優秀ではないと感じるために、それなら独立したい!という思いを持っている人材の方が少なくとも意欲的で優秀な可能性があると考えてのことだと思います。
しかし、自社の持続的成長を考えるならば、どこかのタイミングでこの考え方を切り替えていくべきです。
自分の人生のために会社を使うという考え方はもちろん間違ってはいないですが、そういった人間が少なからずいる一方で会社の成長と自分の人生を重ね合わせてその会社を大きくすることに自分ごとのように力を注いでくれる人間を集める・育てるという流れにシフトする。
これをどんな企業もどこかのタイミングで行っていくことが必要になるのではないでしょうか。
ではどうすればいいのでしょう。
 

アツい社員割合を増やそう

 
それは採用段階から、会社を大きくすることに夢を描いてくれる人材を募集することであり入社した人材に会社のビジョンを繰り返し伝えて理解してもらうことです。
これを繰り返すことで、社員全体の数に対する、会社の成長に情熱を燃やしてくれる社員の割合を増やしていくこと。
これが最短距離のような気がします。
時間もかかるし、根気も必要ですが、着実にその代表の想いに共鳴する人間は存在しますし、そういった人材こそ重用する。能力的に劣っていたとしても育てていくことが重要ではないでしょうか。
先日お伺いした企業で、何人かの社員さんにお話を伺いしました。
全員の口から共通して出てきた言葉が、「社長の想いに感銘をうけたんです」でした。
表現は違えども、代表が発したメッセージに共感する人間ばかり。
代表にそのお話をすると、ここまで来るのに人の入れ替えや、内紛もあり、自分自身も苦労した、成長させてもらったとのこと。
ただ、今は自信を持って社員に仕事を任せられると仰っていました。
こういった会社になると、社長は次の新しい戦略や人材育成に時間を注ぐことができ、持続的な成長のためへの人的・時間的投資が可能になります。
正に好循環で、成長の波にのっている感じがします。
ブランディングという切り口でお仕事をさせていただいていますが、そういった活動を通じて、結果的に会社が良くなっていく方向にサポートしていきたいと思います。

人材採用カテゴリの最新記事